ブランドを気に入ってる大きいサイズのGジャンをお客さんの気に入ったジャケット見本でお借りして小さくリサイズ デニムジャケット寸法詰め直し

ブランドの気に入った大きいサイズのGジャンをお客さんの気に入ったジャケットを見本でお借りして小さくリサイズしていきます。

今回は東京都からの郵送のお客さんで荷物に別々の袋に大きいサイズと見本と書いてことらに分かりやすくして頂いて

同封したメモに見本に合わせてGジャンを小さくしたいことが書いてありました。

見本で貸して頂いてジャケットはGジャンではなかったのですが、肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測って

大きいサイズのGジャンを同じサイズ感に仕上げていきます。

今回の作業には関係のない話なのですが、見本のジャケットがスウェット素材のような

収縮するような生地の場合は見本になりませんのでご理解いただければ幸いです。

1枚目は東京都からの郵送のお客さんのサイズを小さくしていく前のGジャンです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズの見本でお借りしたジャケットで

この肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測って大きいサイズのGジャンのサイズを小さくしていきます。

3枚目は着丈を短くしていくのに裾の帯部分を取り外して

ブランドタグも付いてますので取り外して仕上げるときに同じ位置に取り付けていきます。

4枚目は裾の帯のパーツとブランドタグを取り外した後の写真です。

5枚目は左右の袖のパーツも取り外した後の胴体の写真です。

6枚目は前身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットしていきます。

7枚目は前身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

8枚目は後ろ身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットしていきます。

9枚目は後ろ身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

10枚目は肩幅の生地をカットしていく前の写真です。

11枚目は肩幅の生地をカットした後の写真です。

12枚目は着丈以外の肩幅、身幅、裾幅の生地をカットした後の胴体の写真です。

13枚目は袖丈を袖山の生地をカットして短くしていきます。

14枚目は袖山の生地を見本のジャケットの長さに合わせて生地をカットした後の写真です。

15枚目は長い着丈を見本の長さに合う様に裾の生地をカットしていきます。

16枚目は裾の生地をカットした後の写真です。

この後、取り外した帯のパーツとブランドタグを取り付けて完成です。

17枚目は19枚目との比較でサイズダウン前のGジャンの写真です。

18枚目は見本でお借りしたジャケットの同じアングルの写真です。

19枚目はサイズダウン後のGジャンの写真です。

20枚目は作業終了後です。

この作業の料金は15000円です。

東京都への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上440円)はお客さん負担です。