ブランドの気に入ってる大きいサイズのGジャンを好みのサイズに小さくリサイズ デニムジャケット寸法詰め直し

ブランドの気に入ってる大きいサイズのGジャンをお客さんの好みのサイズに小さくリサイズしていきます。

今回は和歌山県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズと仕上がりサイズを書いて頂いていて

お客さんの測った現状のサイズを確認して仕上がりサイズにサイズダウンしていきました。

郵送の場合でお客さんの気に入ったサイズの見本のGジャンがないのであれば

必ず現状のサイズ(肩幅、身幅、注幅、袖幅、袖丈、着丈)を測って頂いて

仕上がりサイズを書いて頂ければバランスがおかしくなければサイズダウンの作業は出来ます。

郵送で見本がない場合で困るのがお客さんで現状のサイズを書いて頂かずに

例えば身幅-2cmと書かれてますと片側で2cmなのか左右のトータルで2㎝なのか

円周での2cmなのか平置きでの2cmなのかでもお客さんと会うわけではないのでお客さん個人個人の感覚で

こちらは電話して確認しなければいけませんので必ずご自分で現状の身幅と仕上がりの身幅を書いて頂ければ

こちらとしてはどのようにしたいかが伝わりますので必ず書いてくださいね。

あと、メーカーのサイズ表記をコピーして送ってこられる方がいますがサイズ表記と現物を測ると書いてるサイズと違ってたり

こちらが知りたい幅の位置が書いてないのでそのような場合も作業は出来ません。

これからGジャンのサイズダウンをお考えのお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は和歌山県からの郵送のお客さんのサイズを小さくしていく前のGジャンです。

2枚目は着丈を短くしていきますので裾の帯を取り外した後の写真です。

3枚目は帯上の裾の生地をカットして仕上がりサイズの着丈に合わせていく前の写真です。

4枚目は長い着丈をお客さんの好みの長さに合わせて裾の生地をカットした後の写真です。

5枚目は着丈の裾の生地をカットした後に左右の袖のパーツを外した胴体の写真です。

6枚目は脇の身幅を仕上がりサイズに合わせて生地をカットしていきます。

7枚目は身幅の生地をカットした後の写真です。

8枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

9枚目は袖丈を仕上がりサイズに合わせて生地をカットしていきます。

10枚目は長い袖丈を仕上がりサイズに合わせて生地をカットした後の写真です。

11枚目はサイズダウン後の左右の袖のパーツです。

この後、胴体に外した裾の帯と一緒に組み直して完成です。

12枚目は13枚目との比較でサイズダウン前のGジャンです。

13枚目はサイズダウン後のGジャンです。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は15000円です。

和歌山県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上440円)はお客さん負担です。