プリントの気に入った大きいサイズのTシャツをお客さんのジャストサイズの見本をお借りして小さくリサイズ tシャツ寸法縮め修理

プリントの気に入った大きいサイズのTシャツをお客さんのジャストサイズのTシャツを見本にお借りして小さくリサイズしていきます。

今回は和歌山県からの郵送のお客さんで荷物に大きいサイズのTシャツと見本と書いたメモをこちらに分かる様に貼り付けて頂いて

同封されたメモに見本に合わせて大きいサイズのTシャツを小さくしたいことが書いてありました。

Tシャツのサイズ直しで出来ないものはスポーツ用の立体裁断で縫われた斜めにラインがあるものや

首周りのリブニットを広げたり縮めたりは出来ません。

Tシャツのサイズはパーツをばらしての肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈の生地をカットしての組み直しになります。

端の方や縫い目の上をプリントや刺繍がある場合などはすべてカットできる場合は問題はないのですが

中途半端にプリントが残る場合などはプリントを残してサイズを見本より大きく仕上げるか完全にカットして見本より小さくするかしかないので

お客さんで見本と大きいサイズのTシャツを重ねてみて見本の幅よりプリントが出ていないかを確認していただければ幸いです。

1枚目は和歌山県からの郵送のお客さんの大きいサイズのTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入った見本のサイズのTシャツで

この肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測って大きいサイズのTシャツを小さくしていきます。

3枚目は長い着丈を見本の長さに合わせて裾の生地をカットしていきます。

4枚目は見本の着丈の長さに合わせて裾の生地をカットした後の写真です。

5枚目は着丈の生地をカットした後に左右の袖のパーツを外した後です。

6枚目は脇から裾のサイドの身幅から裾幅を見本の幅に合わせて生地をカットしていきます。

7枚目は胴体の脇から裾のサイドの生地を見本の幅に合う様に生地をカットした後です。

8枚目は肩幅の生地を見本の幅に合う様にカットしていく前の写真です。

9枚目は肩幅の生地を見本の幅に合わせてカットした後の写真です。

10枚目は大きいサイズのTシャツの胴体を見本幅に合わせて肩幅、身幅、裾幅、着丈の生地をカットした後です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズを小さく変更していきます。

12枚目は袖のパーツの生地を見本の幅に合わせてカットしていく前の写真です。

13枚目は袖のパーツの生地を見本の幅に合わせてカットした後の写真です。

14枚目はサイズダウン後の左右の袖のパーツの写真です。

この後カットを終えている胴体に組み直して完成です。

15枚目は作業少雨療護です。

この作業の料金は2500円です。

和歌山県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以下324円)はお客さん負担です。