ブランドの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの気に入ったサイズのTシャツを見本に小さくリサイズ tシャツ寸法縮め修理

ブランドの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの気に入ったサイズのTシャツをお借りしてそれを見本で測って小さくしていきます。

今回は神奈川県からの郵送のお客さんで荷物に大きいサイズと見本と貼り紙の貼り付けたTシャツ2枚と

同封されたメモに大きいサイズのTシャツを見本に合わせて小さくしたいことが書いてありました。

Tシャツのサイズダウンは首のリブ周りは縮めたり広げたりは出来ません。

ブログでも説明してるように肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈の位置を縮めていくことになります。

また、身幅から裾幅を細くしていくのに胴体が筒状になってるものはサイドの生地をカットして幅を細くしますので

脇から裾先までは左右の端の仕上がりは縫い目が出来ます。

1枚目は神奈川県からの郵送のお客さんのブランドの気に入ってる大きいサイズのTシャツです。

2枚目は見本でお借りしたお客さんの好みのサイズのTシャツで

この肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測ってサイズダウンをしていきます。

3枚目は左右の袖のパーツを外した後のTシャツの胴体の写真です。

4枚目は脇から裾のサイドの生地をカットして見本の幅に合わせていく前の写真です。

5枚目はTシャツの胴体の脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

6枚目は肩幅を見本のTシャツの幅に合わせて生地をカットしていきます。

7枚目は肩幅の生地を見本の幅に合わせてカットした後の写真です。

8枚目はTシャツの着丈の長さを見本の長さに合わせていきたいのですが、

裾にプリントのロゴがありますので縫い目にかからないぎりぎりの長さに短くしていきます。

9枚目は裾の長い着丈の生地を裾のプリントに合わせてカットした後の写真です。

10枚目は大きいサイズのTシャツの胴体の肩幅、身幅、裾幅、着丈の生地をカットした後の写真です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズを変更していきます。

12枚目は袖のパーツを見本の幅に合わせて生地をカットしていきます。

13枚目は袖のパーツの生地を見本の幅に合わせてカットした後の写真です。

14枚目は左右の袖のパーツのサイズダウン後の写真です。

この後、生地をカットした胴体に組み直して完成です。

15枚目は作業終了後です。

この作業の料金は3000円です。

神奈川県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。