お客さんがプリントの気に入った大きいサイズのTシャツを小さくサイズダウンしていきます。

今回のTシャツは表のプリントはワンポイントでセンターによっていて

サイズダウンに対して何も問題はありません。

バックプリントがメインのTシャツで胴体のサイズダウンをしていくのに

前よりも後ろのセンターの位置を気にしながらサイズダウンをしていきます。

静岡県からの郵送のお客さんの見本で貸して頂いたTシャツとサイズダウンのTシャツの身幅が

かなり違ったので見本の形と同じ様に大きいTシャツの方の形を変えていくことが出来ます。

サイズダウンで身幅があまり変わらない場合はアームホールの脇の位置が

現状のTシャツの脇の位置とあまり上にあげることが出来ませんので

身幅があまり変わらずに肩幅のサイズ感が違う場合などはアームホールの一番上の

肩の位置が肩幅を縮めた分、中に入りますと脇から肩の位置の距離が長くなり

アームホールの縫いしろが伸びてしまいますので身幅があまり変わらない

Tシャツより身幅を大幅に変更できるTシャツの方が仕上がりは綺麗です。

1枚目は静岡県からの郵送の大きいサイズのTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのTシャツで

このサンプルの肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を計ってサイズダウンしていきます。

3枚目は左右の袖のパーツを外した後の大きいTシャツの表の胴体の写真です。

4枚目はTシャツの胴体の裏側の写真です。

このプリントのセンターをメインにサイズダウンしていきます。

5枚目は脇から裾のサイドの幅を2枚目のTシャツに合わせてサイズダウンしていきます。

6枚目は脇から裾のサイドの余分な生地を2枚目のTシャツの幅に合わせてカットした後の写真です。

7枚目は肩幅を2枚目のTシャツの幅に合わせて余分な生地をカットしていきます。

8枚目は大きいTシャツの胴体の肩幅のアームホールのラインを

2枚目のTシャツのラインに合わせて生地をカットした後の写真です。

9枚目は着丈以外の大きいTシャツの胴体部分の余分な生地をカットした後の写真です。

着丈は見本と変わらなかったんで、寄れてますがそのままの長さで仕上げていきます。

10枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

11枚目は袖のパーツの余分な生地を2枚目のTシャツの袖のパーツに合わせて

生地をカットしていきます。

12枚目は袖のパーツの生地をカットした後の写真です。

13枚目はサイズダウン後の左右の袖のパーツです。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。

静岡県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。