お客さんがプリントの気に入った大きいサイズのTシャツを

気に入ったサイズのTシャツをお借りしてサイズダウンをしていきます。

今回は東京からの郵送のお客さんで荷物に気に入ったサイズのTシャツと

大きいサイズのTシャツがこちらに解る様にメモに説明が書いてありました。

今回のTシャツの胴体部分はサイドに縫い目のない輪になった生地どすが、

お客さんの気に入った見本のTシャツのサイズに合わせていくのに

胴体部分の身幅から裾幅までを細くしていくのに左右の袖のパーツを外して

サイズの大きいTシャツの胴体部分の脇から裾のサイドの生地をカットしていきますので

仕上がりの時は脇から裾にかけて縫い目が出来ます。

Tシャツの胴体の輪の生地を輪のままで身幅から裾幅を細くすることは出来ませんので

これからTシャツのサイズダウンをお考えの方に参考程度に説明をブログに書いてみました。

あと、今回のTシャツのサイズダウンに関しての注意点は特にありません。

プリントもセンターにあるタイプで見本になるTシャツと

サイズダウンのTシャツの身幅がある程度違いますのでアームホールの問題もありませんでした。

1枚目は東京からの郵送のお客さんの大きいサイズのTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのTシャツで

このTシャツの肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を計ってサイズダウンをしていきます。

3枚目は大きいTシャツの左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

4枚目は脇から裾のサイドの生地を2枚目のTシャツの脇から裾の

身幅と裾幅に合わせて仕上がる様にカットしていく前の写真です。

5枚目は脇から裾の胴体のサイドの生地を2枚目の幅に仕上げたときになる様にカットした後です。

6枚目は肩幅を2枚目のTシャツの幅に合わせて生地をカットしていきます。

7枚目は肩幅を2枚目の幅に仕上げたときになる様に生地をカットした後の写真です。

8枚目は長い着丈を2枚目のTシャツの長さに仕上げたときになる様に生地を短くカットした後です。

9枚目はTシャツの胴体のサイズを2枚目のTシャツの胴体に合わせて生地をカットした後の写真です。

10枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていく前の写真です。

11枚目は袖のパーツを2枚目のTシャツのサイズ感に合わせて生地をカットしていきます。

12枚目は袖のパーツの生地を2枚目のTシャツに合わせてカットした後の写真です。

13枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。