プリントの気に入った大きいサイズのTシャツを

お客さんの気に入ったサイズ感のTシャツをお借りして小さくサイズダウンしていきます。

今回は神奈川県からの郵送のお客さんで荷物にメモと

大きいサイズのTシャツと気に入ったTシャツが解る様に入っていて

サンプルに合わせて大きいサイズのTシャツを小さくしたいことが書いてありました。

大きい方のTシャツとサンプルのTシャツの身幅を比べてみますと

身幅をある程度変更できますので脇のアームホールの位置を今の位置よりは上げられますので

見本の脇位置とまではいきませんがデザイン的にはサンプルと似た脇位置から

アームホールの縫い目が作れます。

サイズダウンの時にこの脇位置が肝心で身幅の生地をさほどカットしてもらえない場合は

アームホールの脇位置が上がりませんので肩幅を大幅に変更する場合なんかは

サンプルよりアームホールの縫いしろが伸びてしまったりしますので

バランスとしては身幅を大きく変更して頂けた方が

サイズダウンの自由度が増えて仕上がりも綺麗です。

1枚目は神奈川県からの郵送の大きいサイズのTシャツです。

この大きいサイズのTシャツをサンプルに合わせて小さくサイズダウンしていきます。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのTシャツです。

この寸法(肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈)を計って大きいTシャツを小さくしていきます。

3枚目は長い着丈を2枚目のTシャツの長さに仕上げたときになる様に生地を短くカットしていきます。

4枚目は長い着丈をサンプルに合わせて短くカットした後の写真です。

5枚目は左右の袖のパーツを胴体のアームホールの縫い目から外した後の写真です。

6枚目は脇から裾のサイドの生地を2枚目のTシャツの幅に

仕上げたときになる様に生地をカットしていきます。

7枚目は脇から裾の余分な生地をカットした後の写真です。

8枚目は肩幅を2枚目のサンプルの幅に合う様に大きいサイズのTシャツの生地をカットしていきます。

9枚目はTシャツの肩幅を2枚目のTシャツの幅に

仕上げたときになる様に生地をカットした後の写真です。

10枚目は大きいTシャツの胴体の生地を2枚目のTシャツに合わせてカットした後の写真です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていく前の写真です。

12枚目は袖のパーツを2枚目のTシャツのサイズ感に変更していきます。

13枚目は袖のパーツの余分な生地をカットした後の写真です。

14枚目は左右の袖のパーツの生地をカットした後の写真です。

15枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。

神奈川県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。