DSQUAREDのデニムパンツのポケット横の縫い目付近の破れのリペアですが、

縫い目付近の直しは、いったん縫い目をばらして

デニム生地の状態にしてからリペアをして同じ様に組み直します。

よく縫い目の上からタタキ直しをしてる場合がありますが、

その様な直しは縫い合わせの部分の強度が上がり生地の弱い部分との差が余計に出て

破れやすくなりますし、縫い合わせが硬くなって履き心地も悪いです。

jeans1200

1枚目はディースクエアードのジーンズの全体の写真です。

このデニムパンツの右ポケット付近のリペアをします。

jeans1200-2

2枚目はポケット付近のダメージです。

デニム生地が削れて中の縫い目まで見えてます。

jeans1200-3

3枚目はディースクエアードのジーンズのポケット付近の縫い目をばらして

リペアして組み直した後です。

このリペアは縫い目をばらしてからの作業なんで3000円です。

縫い目の上からのリペアの方が価格は安いですが、後々すぐに破れるのと

履き心地が悪いのでお客さんの都合にもよりますが個人的にはお勧め出来ません。