Schottのライダースジャケットの裏地がキルティングの胴体の生地を

サテンの綿の入ってない生地に交換していきます。

キルティングの裏地は綿が縫い付けてあり、寒い日でも保温性があり暖かいのですが

綿がある分、体のラインが膨張してい見えますのでサテン生地にお客さんの要望で

変更したいとのことなんで胴体の裏地を交換していきます。

サテン生地に交換しますと綿がない分、身体のラインは細く見えますが保温性はあまりありません。

佐賀県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにこちらで用意した黒のサテン生地に

キルティングの生地の胴体側の裏地をサテン生地に交換したいことが書いてありました。

jaket1742-1

1枚目は佐賀県からの郵送のお客さんの胴体のキルティングの裏地を

交換していく前のショットのライダースジャケットです。

jaket1742-2

2枚目は胴体の裏地のキルティングの写真です。

jaket1742-3

3枚目は胴体の裏地のキルティング部分を取り外した後です。

jaket1742-4

4枚目は取り外された胴体のキルティングの裏地です。

jaket1742-5

5枚目は裏地の裾にレザーの帯が付いてますので取り外していきます。

jaket1742-6

6枚目はレザーの帯を裏地から取り外した後です。

jaket1742-7

7枚目は裏地からメーカータグや洗濯ネームを取り外した後です。

jaket1742-8

8枚目はこちらで用意したサテン生地(税込み3240円)です。

jaket1742-9

9枚目は裏地の胴体のキルティングのパーツをばらした後です。

jaket1742-10

10枚目は裏地の元のパーツに合わせてサテン生地で製作します。

jaket1742-11

11枚目はサテン生地で裏地の胴体の前部分を製作した後です。

jaket1742-12

12枚目は胴体の背中の生地を裏地のパーツに合わせて製作します。

jaket1742-13

13枚目は背中のパーツをサテン生地で製作した後です。

jaket1742-14

14枚目はメーカータグを新しい裏地に元々の位置に取り付けていきます。

jaket1742-16

15枚目はメーカータグを取り付けた後です。

jaket1742-17

16枚目は洗濯ネームを取り付けた後です。

jaket1742-18

17枚目は前身ごろの裏地のパーツもサイドを組み直した後です。

jaket1742-19

18枚目は裾のレザーの帯も組み直していきます。

jaket1742-20

19枚目は裾のレザーの帯も組み直した後です。

jaket1742-21

20枚目はショットのライダースジャケットに胴体の裏地を組み直した後です。

jaket1742-22

21枚目は作業終了後です。

この作業の料金は20000円と生地代が3240円です。

佐賀県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。