長い袖丈のライダースジャケットを短くリサイズ 革ジャン袖丈直し

長い袖丈のライダースジャケットを胴体のアームホールの縫い目から

袖のパーツを外して袖山から袖丈を短くカットして組み直していきます。

この場合は胴体のアームホールの縫いしろの距離と袖のパーツの袖山の縫いしろの距離が

同じにならないと組めませんので袖山から短くカットしていきますと

袖のパーツの縫いしろの距離はカットする分、細くなっていきますので

袖のカットをライン(カーブ)をだして縫いしろの距離を稼ぎますが

その限界の袖丈の短く出来る長さは平均4~5㎝です。

それ以上の場合は袖山から袖丈を短くする場合は袖のラインを出しても

胴体の縫いしろの距離が足りませんので組めません。

あとは、袖のパーツの高い位置と低い位置からの距離を稼いで

S字のラインをきつくしてカットしますので仕上がりの袖のパーツの位置は

作業前の位置より下に若干下がります。

広島県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1726-1

1枚目は広島県からの郵送のお客さんの長い袖丈を袖山から短くしていくライダースジャケットです。

jaket1726-2

2枚目は左右の袖のパーツを胴体のアームホールの縫い目から外した後の写真です。

jaket1726-3

3枚目は外された左右の袖のパーツです。

jaket1726-4

4枚目は袖山から袖丈を短くカットしていきます。

jaket1726-5

5枚目は表のレザー部分の袖丈を短くカットした後の写真です。

jaket1726-6

6枚目は裏地も同じ様に長い袖丈を短くカットしていきます。

jaket1726-7

7枚目は裏地の袖丈を短くカットした後の写真です。

jaket1726-8

8枚目は9枚目との比較で袖丈を短くしていく前の写真です。

jaket1726-9

9枚目は袖丈を短く仕上げた後の写真です。

jaket1726-10

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

広島県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。