長い袖丈のライダースジャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は岐阜県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を3㎝短くしたいことが書いてありました。

袖丈を短くしていく作業は袖山から短くしていきます。

袖山から短くする場合は胴体のアームホールの縫い目をほどいて左右の袖のパーツを外した後のに

表のレザー部分と裏地の生地の上の部分を袖丈分カットして

短くし終わった袖のパーツを胴体のアームホールに組み直す作業になります。

袖山から袖丈を短くする場合のメリットはライダースジャケットの場合は腕の肘部分がカーブのかかったラインなんで

仕上がりは袖のパーツの肩口から肘までの距離が袖丈分短くなるのですが袖先から袖丈を短くすると

袖先から肘の距離が短くなるのに対して仕上がりの違和感はありません。

ただ、胴体側の縫いしろと袖山からカットした場合、同じ長さの距離の縫いしろがないと袖のパーツを胴体に組めませんので

袖山から袖丈を短くしていく場合は袖丈の長さに制限があり4~5㎝までしか短く出来ません。

1枚目は岐阜県からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていくライダースジャケットです。

2枚目は袖丈を短くしていくのにアームホールの縫い目から外した後の胴体の写真です。

3枚目は袖丈を袖山から短くしていく前の左右の袖のパーツです。

4枚目は袖山から表のレザー部分をカットしていく前の写真です。

5枚目はレザー部分をカットして袖丈を短くした後の写真です。

6枚目は裏地の生地も表のレザー部分と同じ様に生地をカットしてきます。

7枚目は裏地の袖丈を短くカットした後の写真です。

8枚目は袖丈を短くした後の左右の袖のパーツです。

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くしていく前の写真です。

10枚目は袖丈を短くした後の写真です。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

岐阜県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。