長い着丈のルイスレザーズのライダースジャケットを短くリサイズしていきます。

今回は来店されたお客さんで着丈を3㎝短くしたいとのことだったので短く作業を進めていきました。

ライダースジャケットの着丈直しの場合はデザインによっては着丈を短く出来ないものもあり

今回の様な裾が帯のものはそのパーツを外しての作業が出来ますが裾にベルトループが付いていたり

スナップボタンが付いてるものは出来ない可能性もあります。

ライダースジャケットの着丈直しはセンターのファスナーを外して着丈の長さ分、

ファスナーを短くして取り付けますのでファスナー付きのジャケットは着丈を直すのは大掛かりな作業になります。

あと、今回のお客さんは何度も来店されてるお客さんなんでお店に来るのに迷われずに来られますが

店舗の入ってるビルの構造がややこしく1階に2つエレベータがあるのですが

目立つ方のエレベータはビルの構造上、3階までしか行けません。

そのエレベーターではなく1階に5階までのエレベーターの前に黒い扉があり右横にオートロックのインターホンがあるのですが

そのインターホンに503で呼び出しボタンを押して頂かないと黒い扉があかないのでお客さんが迷われることが多々ありますので

説明をサイトのトップページ上の店舗案内からアクセスマップに写真付きで説明してますので見て頂ければ幸いです。

1枚目は来店されたお客さんの着丈を短くしていく前のライダースジャケットです。

2枚目はフロントのファスナーを外して裾の帯を外して着丈を短くしていきます。

3枚目はフロントのファスナーを外した後の写真です。

4枚目は裾の帯を取り外した後の写真です。

5枚目は裾の帯を取り外して胴体の裾の表のレザーをカットして着丈を短くしていきます。

写真でも解ると思いますがポケットが付いていて着丈を短くしても

この位置は穴をあけてポケットを取り付けていますので移動は出来ません。

ポケットとのバランスもありますので極端に着丈を短くするとライダースジャケットのバランスが崩れます。

6枚目は表のレザー部分をカットした後の写真です。

7枚目は裏地も同じ長さの生地をカットしていきます。

8枚目は裏地の着丈の生地をカットした後の写真です。

9枚目はファスナーの長さを着丈の長さ分、短くしていきます。

ファスナー上の部分のコマをカットして短くします。

ファスナーを下から短く出来ると思われてるお客さんがいますが、

ファスナーの下パーツは取り外すようには出来ていません。

下のパーツが取れた場合は全てファスナーごと交換しないといけない構造です。

10枚目はファスナーの上の部分のコマとテープをカットしていく前の写真です。

11枚目はコマをカットしてストッパーを付けてテープをカットした後の写真です。

12枚目は着丈を短くした後に裾の帯を取り付けた後の写真です。

13枚目は裾の帯を取り付けた後にフロントのファスナーも取り付けた後です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は20000円です。