長い袖丈のルイスレザーズのジャケットをお客さんの好みの長さに合わせて短くリサイズしていきます。

今回は愛知県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を4㎝短くしたいことが書いてありました。

ルイスレザーズのジャケットの場合は左腕の袖先のファスナーの上にコインポケットがあり袖先から短くしますと

袖先のファスナーとコインポケットの距離が近すぎてファスナーを移動することは出来ませんので

胴体側のアームホールの縫い目をほどいて袖のパーツの上の袖山からレザーと裏地をカットして袖丈を短くしていく作業になります。

仕上がりも袖先から袖丈を短くしますとライダースジャケットの場合は肘に緩やかなカーブがかかってますので

袖先と肘のカーブが袖丈を短くした分、近くなり仕上がりが袖山からよりも不自然です。

袖山からの場合はアームホールから肘のカーブの距離が肘から袖先よりも長いので短くしても自然な仕上がりになります。

ただ、ルイスレザーズのコインポケットが付いてるデザインのものは袖先から短くすることは出来ませんので

どのみち袖山からの仕上げになりますが、袖山からの場合は胴体側のアームホールの縫いしろの関係がありますので

長さの制限が4~5㎝まで短くするのが限界です。

1枚目は愛知県からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていく前のライダースジャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目は袖山から袖丈を短くしていく前の左右の袖のパーツです。

4枚目は始めにも説明しましたが袖先のファスナーの上にコインポケットがあり

袖先のファスナーを上に移動できませんので

この様なデザインのジャケットは袖山から短くすることになります。

5枚目は表のレザー部分をカットして袖丈を短くしていきます。

6枚目はレザーをカットして袖丈を短くした後です。

7枚目は裏地も同じ様に生地をカットしていきます。

8枚目は裏地の生地をカットした後の写真です。

9枚目は左右の袖丈を袖山から短くした後の写真です。

10枚目は11枚目との比較で袖丈を短くする前のライダースジャケットです。

11枚目は袖丈を短くした後のライダースジャケットです。

12枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

愛知県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。