使い込んで首元や脇や裾が裏地の生地がすり減って破れだしてるライダースジャケットを新しい生地を使って交換していきます。

今回は千葉県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに裏地を新しく交換したいことが書いてありました。

電話でもお客さんと話して裏地交換について確認したんですが

胴体がキルティングの赤の裏地生地で左右の袖の裏地がサテンの赤の生地でした。

赤の袖のサテンの生地は同じ様なものがこちらでも用意できるのですが

キルティングは裏に綿が縫ってあるひし形のステッチの大きさが市販で販売してるものは

お客さんの裏地のものより小さいことを理解して頂いてから交換していきました。

1枚目は千葉県からの郵送のお客さんの裏地を交換していく前のライダースジャケットです。

2枚目は裏地を交換していく前の裏地の写真です。

3枚目は首元のすり切れた裏地の写真です。

4枚目は裾のすり減って破れだしてる裏地の写真です。

5枚目は脇のすり減って破れだしてる写真です。

6枚目は裏地を取り外した後のライダースジャケットです。

7枚目はライダースジャケットから裏地を外した後の写真です。

8枚目は元の裏地に付いてる洗濯ネームを取り外して新しい裏地に取り付けていきます。

9枚目は首元に付いてるネームも外して新しい裏地に取り付けていきます。

10枚目は胴体の縫い目を外した後の写真です。

11枚目はタグを外した写真です。

12枚目はこちらで用意した胴体のキルティングの生地の写真です。

13枚目は胴体の背中の型を新しい生地で作っていきます。

14枚目は新しい生地に洗濯ネームを同じ位置に取り付けた後の写真です。

15枚目は新しい背中の裏地に同じ様にタグを取り付けた後の写真です。

16枚目は胴体の前側の裏地の型を取っていきます。

17枚目は胴体の前側を新しく作った後の写真です。

18枚目は袖のパーツを取り外した後の写真です。

19枚目は袖の裏地のパーツをばらした後の写真です。

20枚目は袖のパーツの新しい生地の写真です。

21枚目は袖のパーツを新しい生地で型を取っていきます。

22枚目は新しく袖のパーツを作った後の写真です。

23枚目は袖のパーツの内側の型を取っていく前の写真です。

24枚目は内側の袖のパーツを新しく作った写真です。

25枚目は新しく裏地を交換した後の写真です。

26枚目は作業終了後です。

この作業の料金は29320円です。

千葉県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計3万円以上648円)はお客さん負担です。