ショットのライダースジャケットのエポレットを取り外していきます。

今回は新潟県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにエポレットを取り外したいことが書いてありました。

エポレットはアームホールの肩側に取り付いてるフラップでエポレット自体は取り外しても跡かたは問題なく組めるのですが

厄介なのは首側に取り付けてあるスナップボタンで、この位置が縫い目の線上に取り付けてあるものはいいのですが

スナップボタンの剛性を持たすために縫い目より前側に付いてることが多いです。

その場合はスナップボタンを取り外した跡が残ります。

縫い目の線上の場合は跡形を縫い込んで隠すことも出来ますが縫い目より前に取り付いてる場合は

縫い込むと肩のラインが崩れますので縫い込んでの直しが出来ません。

スナップボタンの穴の跡は裏側から補強して取り外したエポレットのレザーを使ってふさぐ方法ぐらいしか出来ませんが

ショットのライダースジャケットのスナップボタンは穴をあけて取り付けるタイプではなく

2つの爪で刺して上のボタンで変形させて取り付けるタイプなんで穴を埋める作業も出来ません。

今回は仕上がりの状態からもお客さんと電話で話し合ってスナップボタンを外して出来るだけ目立たなくする加工の仕上げになりました。

1枚目は新潟県からの郵送のお客さんのショットのエポレットを外していくライダースジャケットです。

2枚目は肩のエポレットの写真で裏地を外してアームホールの縫い目をばらして外していきます。

3枚目はエポレットのスナップボタンを外した写真で首側のスナップボタンの中心が

縫い目の上ぐらいに付いてると縫い目をば咲いて隠せるのですが

今回はステッチ位置がスナップボタンの中心なんで隠すことは出来ません。

4枚目はエポレットをアームホールの縫い目をばらして取り外した後の写真です。

5枚目は首側のスナップボタンを取り外していきます。

6枚目は首側のスナップボタンを取り外した後の写真です。

7枚目は肩のステッチが切れてますので縫い直して出来るだけ穴が開いてるのを

裏側から補強して接着した後の写真です。

8枚目は肩のエポレットを取り外して裏地も元の様に組み直した後の写真です。

9枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

新潟県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。