ライダースジャケットのエポレットと裾のベルトを外していきます。

富山県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにエポレットと裾のベルトを外したいことが書いてありました。

エポレットの外し方の説明になりますが、エポレットはスナップボタンのものが多く

肩側のエポレットを外して首側のスナップボタンをそのまま残す場合と取り外す場合で料金は異なります。

スナップボタンを外していく作業でお客さんの質問でスナップボタンの後を隠すように仕上げたいと質問がありますが

スナップボタンの取り付け位置によって縫い込んで隠せる場合と取り外したエポレットの革を使ってスナップボタンの穴を

下から補強布を貼り付けて接着していく場合の2パターンのやり方になります。

スナップボタンが首側から肩側に5㎝以上離れていて縫い目の上にスナップボタンの穴の後がある場合は

穴を隠すように縫い込めますが縫い目から離れてる場合や首側から5㎝以内は肩のラインの角度が変わりますので

外したエポレットのレザーを使っての穴を隠していくやり方になります。

今回は首側との距離もなく縫い目からスナップボタンの穴の位置が外れてますので縫い込めませんので穴を隠していく作業になります。

1枚目は富山県からの郵送のエポレットと裾のベルトを取り外していく前のライダースジャケットです。

2枚目は肩のエポレットを取り外していきます。

3枚目は裏地を外して反対側にひっくり返したエポレットが縫い付けてある肩の部分です。

4枚目は肩のアームホールの縫い目を外してエポレットを取り外していく前の写真です。

5枚目は肩の縫い目からエポレットを取り外した後の写真です。

6枚目は表側から見た肩のエポレットを取り外した後の写真です。

首側のスナップボタンを取り外していきますが

写真でも解る様に首側との距離も短く縫い目の上ではなくしてっちの中心にスナップボタンが

取り付けてありますのでエポレットのレザーを付けって取り外した穴をふさいでいきます。

7枚目は首側のスナップボタンを外した後の写真です。

スナップボタンは穴をあけて金属をつぶして取り付けてありますのでこの様に穴が開いてます。

8枚目は裏側から補強布を貼り付けて取り外したエポレットのレザーを

切り抜いて穴をふさいで切れていたステッチを縫い直した後です。

9枚目はエポレットを外した肩のアームホールの縫い目を組み直した後の写真です。

首の近くにボタンが付いてる分、襟をもとの位置に戻しますとスナップボタンの跡は見えなくなります。

10枚目は裾のベルトを外していきます。

今回のベルトはループが上からの縫い付けで穴をあけて中に通してるタイプではないので

ループの縫い跡は残りますのでお客さんに問い合わせますと

仕方ないのでかまわないとのことだったんでベルトループも取り外していきます。

11枚目は裾のベルトとループを取り外していく前の写真です。

12枚目はベルトループを取り外していきます。

13枚目はベルトループを取り外した後の写真です。

14枚目はベルトループの取り外した跡の写真です。

15枚目はベルトとベルトループを取り外した後の写真です。

16枚目は裾のベルトループを取り合ずした前から見た写真です。

17枚目は作業終了後です。

この作業の料金は16000円です。

富山県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。