長い袖丈のオイルドジャケットを短くリサイズしていきます。

今回は兵庫県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

バブアーのオイルドジャケットはラグランタイプで袖丈を直していくのに

アームホールの形が違いますので袖山からの直しは出来ません。

袖先に中に隠れたリブニットが付いてますので、このパーツをばらして袖丈を短くしていきます。

バブアーのオイルドジャケットは少し変わったデザインの袖丈の形をしていますので

今回はその作業の説明をしていきます。

1枚目は兵庫県からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていく前のバブアーのオイルドジャケットです。

2枚目はラグランタイプの写真で襟の首元から脇にかけて縫い目がありますので

この様な場合は袖山からは袖丈を短く出来ません。

3枚目は袖先の写真で中にリブニットが取り付けてありますのでパーツをばらして袖丈を短くしていきます。

4枚目は袖先を反対側にひっくり返した袖先の写真です。

5枚目は裏地の袖先のパーツをばらした後の写真です。

6枚目は表側の袖丈を短くしていく前の写真です。

7枚目は表の生地の袖丈を短くカットした後の写真です。

8枚目はカットした袖のパーツを上下逆にしてカットした分、

袖先の幅が広がってるのが解る様に比較した写真です。

9枚目は袖先の幅を元と同じ幅に仕上げた後の写真です。

10枚目は裏地の袖丈を短くしていきます。

11枚目は裏地の袖丈を短くした後の写真です。

この後、取り外した袖のリブニットのパーツを同じ様に取り付けて表の生地と組み直して完成です。

12枚目は13枚目との比較で袖丈を短くしていく前のバブアーのオイルドジャケットです。

13枚目は袖丈を短くした後のバブアーのオイルドジャケットです。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

兵庫県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。