レザージャケットの破れ直しなんですが、

レザー部分が切れてはがれた様な直しは裏地をばらして裏から大きく貼り合わせながら直せますが

レザーの表面が削れてたり、レザーの表面が乾燥して、

がさがさになって枯葉の様にはがれ出してる物はレザーを交換する以外方法はありませんが、

同じ風合いや同じ色(黒なら若干は出回ってますが)のレザーの端切れは、

そう見つかるものではありません!

レザーの生地の貼り直しはお客さんでネットで調べて、

同じ様なレザーをお客さんが納得して購入していただいた場合だけ交換させて頂いてます。

今回は、よくある切れたレザージャケットの破れなんで、

レザーの端切れの問題はありません。

こんな場合の破れですと問題なく直せますので、

この様な破れのお客さんは安心して直しに持って来てくださいね。

jaket1167-1

1枚目の写真はレザージャケットの全体の写真です。

jaket1167-2

2枚目は右肩下の破れです。

この様にレザーが削れてどうしょうも内状態でなく切れた場合は

裏から貼り付けて補強していきますので問題なく直せます。

jaket1167-3

3枚目は右肩下の破れを裏地を外して

レザー生地の裏から大きく貼り合わせて補強しながら直した後です。

この作業の料金は3500円です。