長い袖丈のルイスレザーズのジャケットをお客さんの好みの長さに合わせて短くリサイズしていきます。

今回は富山県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を4㎝短くしたいことが書いてありました。

郵送での袖丈直しは袖先から何㎝短くしたいと書いて頂ければこちらとすれば伝わりやすいです。

例えば62㎝仕上げとか書かれますと郵送の場合は肩から袖先を測るにしても袖のカーブのラインに沿って測られたのか

真っすぐ肩から袖先を測られたのか、また微妙な位置で誤差が数㎝変わりますので

袖先から何㎝短くしたいと書いて頂ければ誤差もなくこちらとしては伝わりやすいです。

これからレザージャケットの袖丈直しをお考えのお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は富山県からの郵送のお客さんの長い袖丈のレザージャケットです。

2枚目は袖丈を短くしていくのにアームホールの縫い目から左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目は袖丈を袖山から短くしていきますので胴体から外した後の左右の袖のパーツです。

4枚目は写真でもわかると思いますが袖先の上にファスナーが付いてますので

袖先からコインポケットまでの距離はありませんので袖先のファスナーを移動することはできませんので

この様なデザインの袖丈直しは袖山からの直しになります。

5枚目は袖山のレザーをカットして長い袖丈を短くしていきます。

6枚目は袖山からレザーをカットして袖丈を短くした後の写真です。

7枚目は裏地も表のレザー部分と同じ長さの生地を短くカットしていきます。

8枚目は裏地の生地をカットした後の写真です。

9枚目は長い袖丈を袖山から短くした後の左右の袖のパーツです。

10枚目は11枚目からの比較で袖丈を短くする前のレザージャケットの写真です。

11枚目は袖丈を短くした後のレザージャケットの写真です。

12枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

富山県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。