長い袖丈のドルチェ&ガッパーナのレザージャケットを短くリサイズしていきます。

今回は奈良県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を4㎝短くしたいことが書いてありました。

袖丈直しは大きく分けて2パターンがありまして袖先から短くしていく方法と

胴体のアームホールの縫い目を外しての袖のパーツの上側の袖山をカットして短くしていくやり方とに分かれます。

袖先からの場合はデザインにもよりますがファスナーなどがついてる場合はパーツを取り外しての作業になりますので

時間がかかる分、料金が肩側からするよりも高くなります。

肩側からする場合は胴体側とのアームホールの縫いしろの長さがありますので袖丈を短くできる長さが4~5㎝までになります。

あと、仕上がりに関しては袖先からよりも肩側からの方がラインはきれいです。

袖先からの場合は長さの制限は問題ないデザインの場合は何㎝でも短く出来ますが、

レザージャケットの場合は袖のパーツは肘のあたりでカーブがかかってますので袖先から短くする場合は袖丈を短くした分、

袖先と肘のカーブの距離が近づきますので仕上がりのバランスは肩側からよりは不自然になります。

これからレザージャケットの袖丈直しをお考えのお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は奈良県からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていく前のレザージャケットです。

2枚目は胴体のアームホールの縫い目を外して左右の袖のパーツを取った後の胴体の写真です。

3枚目はアームホールの縫い目から取り外した左右の袖のパーツです。

4枚目は表のレザー部分の袖丈の長さを袖山からカットしていきます。

5枚目はレザーを袖山からカットした後の写真です。

6枚目は裏地も表と同じ長さを短くカットしていきます。

7枚目は裏地の生地を表と同じ長さをカットした後の写真です。

8枚目は9枚目との比較で袖丈を短くする前のレザージャケットです。

9枚目は袖丈を肩側から短くした後のレザージャケットです。

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

奈良県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。