大きいサイズのB-3フライトジャケットをお客さんの好みのサイズに小さくしていきます。

今回は来店されたお客さんでお客さんに着ていただいて動ける範囲で寸法を計っていきました。

B-3フライトジャケットの場合はサイズがかなり大きいのですが、サイズダウンの時に困るのは

肩幅を片側ので5㎝や6㎝縮める割には身幅は片側の平置きで3㎝や2㎝しか縮めない場合は

胴体側のアームホールの長さが細くなればシルエット的にはすっきりするのですが

肩幅のレザーをカットすることによってアームホールの縫いしろが増えてしまって身幅を削っても

アームホールの距離が変わらないのでバランスが難しいのですが肩幅と身幅の寸法を同じ幅で合わすぐらいの方が

胴体側のアームホールの縫いしろが削れますので袖のパーツの脇の根元から細く出来て仕上がりもスッキリします。

ただ、ムートンはレザーの耐久力が弱いので長く着ていただかないとサイズダウンをした意味がありませんのでピタピタには出来ません。

個人差にもよりますがある程度は動ける範囲内でのサイズダウンをして頂ければ長くB-3を着ていただけると思います。

あと、初めてお店に来店予定のお客さんはビルの構造がややこしいので

このサイトのトップページ上の店舗案内からアクセスマップを必ず確認して来店してくださいね。

エレベータが2つあり目立つ方はビルの構造上3階までしか行けません。

そのエレベーターではなくややこしいのですが黒い扉があり右横にオートロックのインターホンがあり

そこを503で呼び出しを起きて頂ければ鍵は開きますので中野エレベータで5階まで来ていただければ幸いです。

ややこしいので写真付きで説明してますので初めてのお客さんは必ずアクセスマップを見て来店してくださいね。

1枚目は来店されたお客さんの大きいサイズのB-3フライトジャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目は身幅を細くしていきますので脇から裾の縫い目をばらしていく前の写真です。

4枚目は脇から裾の縫い目をばらした後の写真です。

5枚目は身幅のレザーをカットしていく前の写真です。

6枚目は身幅のレザーをカットした後の写真です。

7枚目は肩幅のレザーをカットしていく前の写真です。

8枚目は肩幅のレザーをカットした後の写真です。

9枚目はレザーをカットしてサイドのテープを元の様に縫い直した後の写真です。

10枚目はサイズダウン後のB-3フライトジャケットの胴体の写真です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

12枚目は袖丈を袖山からレザーをカットして短くしていきます。

13枚目は袖山からレザーをカットして袖丈を短くした後の写真です。

14枚目は袖のパーツの脇から肘にかけて腕の幅を細くしていきます。

始めにも説明しましたが身幅を細くして肩幅をあまり変えない方が脇の根元から大幅に腕の幅が細く出来ます。

15枚目は脇から肘にかけて袖のサイドのレザーをカットした後です。

16枚目はサイズダウン後に組み直した後の袖のパーツです。

17枚目は左右の袖のパーツでこの後胴体に組み直して完成です。

18枚目は19枚目との比較でサイズダウン前のB-3フライトジャケットです。

19枚目はサイズダウン後のB-3フライトジャケットです。

20枚目は作業終了後です。

この作業の料金は25000円です。