長い袖丈のルイスレザーズのジャケットを短くしていきます。

今回は福岡県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

アウターのジャケットの袖丈直しは大きく分けて2パターンの直し方があります。

袖先から短くしていくやり方とアームホールの縫い目を外して袖山から短くしていくやり方になります。

今回は袖山から短くしていく方法になります。

ルイスレザーズのジャケットは袖先のファスナーの上にコインポケットが付いるデザインのものが多く

袖先のファスナーを外して短くしようとしますとコインポケットが邪魔になり袖丈を上げることは出来ません。

また、袖先のファスナーのパーツをばらして同じ様に組み直す作業よりも袖山から短くする方が

仕上がりの袖のパーツのラインが綺麗です。

ただ、袖山からの直しは胴体側のアームホールの縫いしろの関係で4~5㎝短くするのが限界になります。

1枚目は福岡県からの郵送のお客さんの長い袖丈を短くしていく前のルイスレザーズのジャケットです。

2枚目は袖丈を袖山から短くしていきますので左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目は胴体から外した左右の袖のパーツです。

左側の腕にコインポケットのファスナーが斜めに付いてるのが解ると思います。

この位置は上下には移動できませんので、このようなデザインのものは袖山からの丈直しになります。

4枚目は袖山からレザーをカットして袖丈を短くしていきます。

5枚目は袖丈を短くするのにレザーを袖山からカットした後の写真です。

6枚目は裏地も表のレザー部分と同じ様に生地をカットしていきます。

7枚目は裏地の袖丈を短くするのに生地をカットした後の写真です。

8枚目は左右の袖のパーツを袖山からカットして短く仕上げた後の写真です。

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くしていく前の写真です。

10枚目は袖丈を袖山から短くした後の写真です。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

福岡県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。