長い袖丈のレザージャケットを胴体のアームホールの縫い目から袖のパーツを外して袖丈を短くしていきます。

今回は兵庫県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにレザージャケットの袖丈を短くしたいことが書いてありました。

郵送の場合でこちらとしては困るのが荷物だけ送られてメモも何もない状態で

お客さんに電話をかけても出られない場合が一番困るのとメールに作業の説明をされてる場合は困ります。

前に同姓同名の方がおられて一人が東京ともう一人が熊本県の方で作業のよく似た感じの内容だったんで

メールがちぐはぐになったことが有るのと、作業も荷物が到着してすぐに開けて出来る状況でもない場合が多いですので

メールでの説明の場合は探さなければならないし同姓同名なら間違う確率もありますので

必ず荷物と一緒にメモに作業内容を書いて頂ければ、

こちらとしては荷物の洋服の修理の作業なんで安心して作業が出来ます。

お手数をお掛けしますが郵送の場合は必ず荷物と一緒に作業の説明のメモを同封して頂ければ幸いです。

1枚目は兵庫県からの郵送のお客さんの長い袖丈のレザージャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目はレザージャケットの胴体から外した左右の袖のパーツです。

このアームホールの縫い目の袖山からレザーと裏地をカットして袖丈を短くしていきます。

4枚目は袖山からレザーをカットして袖丈を短くしていきます。

5枚目は袖丈を短くするのにレザーをカットした後です。

6枚目は裏地も同じ様に生地をカットして袖丈を短くしていきます。

7枚目は裏地の生地をカットした後の写真です。

8枚目は長い袖丈を短く仕上げた後の左右の袖のパーツです。

9枚目は10枚目との比較で長い袖丈のレザージャケットです。

10枚目は短く袖丈を仕上げた後のレザージャケットの写真です。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

兵庫県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。