今回はレプリカのA-2フライトジャケットのポケットのほつれ直しです。

A-2のワッペンや背中のペイントや裏地の中国語の貼り付けてる布を見ますと、

日中戦争の時のジャケットのレプリカです。

まぁ、興味のある人やこの時代をいろんな視点からの本を読んで

ある程度理解している方以外は、間違った方向に話が進みそうなんで、

昔の時代の飛行機乗りが着ていたジャケットのレプリカで、ポケットの糸がほつれてる直しです。

このお客さんは千葉から郵送で送ってくれました。

jaket1169-1

1枚目はA-2フライトジャケットの全体の写真です。

jaket1169-2

2枚目はポケットの糸がほつれて、

こびと図鑑のこびとが覗けるぐらいポケットのサイドにスペースが開いてます。

jaket1169-3

3枚目はA-2フライトジャケットのポケットを縫い直した後です。

この作業は、まず裏地をばらしてからポケットのステッチ幅で

同じピッチで縫い直して裏地を組み直します。

この作業の料金は4500円です。