大きいサイズのA-2フライトジャケットをお客さんの好みの大きさに合う様に小さくリサイズしていきます。

今回は神奈川県からの郵送のお客さんで電話での問い合わせで気に入ったサイズのジャケットがないとのことだったんで

お客さんで現状の今のA-2フライトジャケットのサイズ(肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈)を計って頂いて

同じ位置の仕上がりサイズを書いて頂きました。

仕上がりサイズだけを書いて現状のサイズも書かないとだめなのかは郵送の場合はお客さんとこちらが合うことがないので

仕上がりサイズだけですとどの位置を計られたのかこちらが解らないのと

例えば仕上がりサイズを身幅2㎝細くしたいと書かれてても平置きでの2㎝なのか片側で2㎝なのか円周で2㎝なのか

左右のトータルで2㎝なのかこちらはお客さん個人個人の感覚がメモからでは解りませんので

現状の身幅が54㎝のものを仕上がりサイズに52㎝と書いて頂ければお客さんの寸法が解ります。

なので見本のジャケットがない場合は荷物と一緒にメモに現状のサイズと仕上がりサイズを書いて頂く様にお願いしています。

1枚目は神奈川県からの郵送のお客さんの大きいサイズのA-2フライトジャケットです。

2枚目はサイズを小さくしていくのに左右の袖のパーツを外した後の写真です。

3枚目はA-2の場合は脇にハトメが付いてますので今回はハトメまでの幅のレザーをカットしていきます。

4枚目は裾のリブニットを外して脇から裾のサイドの縫い目をほどいた後です。

5枚目は脇から裾のサイドのレザーをカットした後の写真です。

6枚目は後ろ身ごろの脇から裾のサイドのレザーをカットしていきます。

7枚目は後ろ身ごろの脇から裾のサイドのレザーをカットした後の写真です。

8枚目は裏地の前身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットしていきます。

9枚目は裏地の前身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

10枚目は裏地の後ろ身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットしていきます。

11枚目は裏地の後ろ身ごろの脇から裾の生地をカットした後の写真です。

12枚目は肩幅をメモの幅に合わせて細くしていきます。

A-2はエポレットが付いてますので肩のレザーをそのままカットしますと

エポレットのステッチの位置がおかしくなりますのでエポレットを外して

襟の隠れてる内側から肩幅分の長さをカットして短くしていきます。

13枚目はエポレットを肩から取り外した後の写真です。

14枚目はA-2の肩幅のレザーをカットした後の写真です。

15枚目はエポレットの内側のレザーをカットしていく前の写真です。

16枚目はエポレットの内側を肩幅と同じ長さをカットした後です。

17枚目は縮めた肩にエポレットを取り付けた後です。

襟の根元の内側のしてっち位置が長弐入ってるのが解ると思います。

18枚目は襟を倒せば肩幅分、短くなってう内側にずれたステッチが見えなくなり仕上がりも自然です。

19枚目は裏地の肩幅も表と同じ幅をカットしていきます。

20枚目は裏地の肩幅をカットした後の写真です。

21枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていく前の写真です。

22枚目は袖山から袖丈を短くしていく前の写真です。

23枚目は袖山のレザーをカットした後の写真です。

24枚目は裏地の袖丈も同じ様に短くしていきます。

25枚目は裏地の袖丈を短くした後の写真です。

26枚目は27枚目との比較でサイズダウン前のA-2フライトジャケットです。

27枚目はサイズダウン後のA-2フライトジャケットです。

28枚目は作業終了後です。

この作業の料金は28000円です。

神奈川県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。