所々破れだしたG-1フライトジャケットのリブニットを新しいものに交換 G-1リブ取り替え

所々破れだしたG-1フライトジャケットのリブニットを新しいものに交換していきます。

今回は東京からの郵送のお客さんで荷物と一緒に

お客さんが用意したリブニットをメモに新しく交換したいことが書いてありました。

G-1フライトジャケットの初期型なんでリブニットも初期型のものが入ってました。

G-1は初期型と後期型にわかれまして裾の形が違います。

たまに後期型に初期型のリブニットを取り付けようとするお客さんがいますが

後期型のG-1は裾の長さが初期型に比べますと短いので初期型は上と下で編み方が違っていて

1枚もののリブニットで下の織の柄と上の織の柄が違いまして下の長さが約7㎝ぐらいの位置にありまして

初期型は10㎝ぐらいの長さがあるのですが後期型の裾の長さが7~8㎝の長さしかないので

初期型のリブニットを後期型に取り付けますと下の柄しか見えなく1枚ものなんで薄くてみすぼらしいです。

初期型は初期型のリブニットで後期型は後期型に合ったリブニットを取り付けていくのがいいと思います。

1枚目は東京からの郵送のお客さんの袖と腰回りのリブニットを交換していくG-1フライトジャケットです。

2枚目は所々破れだした袖と腰回りの写真です。

3枚目はお客さんが用意してくださった初期型のリブニットの写真です。

4枚目は初期型の腰回りのリブニットの写真です。

見て分かる様に上と下の織の柄が違うのが解ると思います。

長さが12~13㎝ありまして後期型に付けますとしたの柄しか見えなかったり

1㎝ぐらい上の柄が見えるだけでおかしな仕上がりになりますので

後期型には初期型のリブニットを取り付けるのは

これからリブ交換をお考えのお客さんはよく考えられた方がいいと思います。

5枚目は元々付いてる初期型の腰回りのリブニットです。

今回は初期型なんで新しいリブニットを取り付けても上の柄が約3㎝ぐらい見えます。

6枚目は裾の破れてるリブニットを外した後の写真です。

7枚目は袖のリブニットを外していきます。

8枚目は外すのに反対側にひっくり返した後の袖の縫い目の写真です。

9枚目は袖のリブニットを取り外した後の写真です。

10枚目はG-1フライトジャケットから袖と腰回りのリブニットを外した後の写真です。

11枚目は元々付いてた袖と腰回りのリブニットの写真です。

12枚目は新しくリブニットを取り付けた後の腰回りの写真です。

13枚目は袖の新しく取り付けたリブニットの写真です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は12000円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。