大きいサイズにA-2フライトジャケットを小さくリサイズしていきます。

今回は福島県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにA-2のサイズダウンがしたいことと

現状のサイズ(肩幅、身幅、裾幅、腕幅、袖丈)と仕上がりサイズが書いてありました。

郵送でお客さんの気に入ったサイズの見本がない場合は必ず現状のサイズを書いて頂かないと

仕上がりサイズではお客さんがどの位置を計ったのかこちらが解らないのと

メーカーのサイズ表記はこちらが知りたい幅が書いてなかったり誤差がかなりある場合もありますので

お手数ですが現状のサイズと仕上がりサイズを書いて頂ければ幸いです。

1枚目は福島県からの郵送のお客さんの小さくサイズダウンをしていくA-2フライトジャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目は脇から裾のサイドのん部位目をばらして身幅と裾幅を細くしていきます。

4枚目は脇から裾のサイドのレザーをカットしていくのに反対側に裏返した写真です。

5枚目は脇から裾のレザーをカットした後の写真です。

6枚目は表と同じ様に裏地もサイドをカットしていく前の写真です。

7枚目は裏地の脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

8枚目は肩幅を細く仕上げていく前の写真です。

エポレットを肩幅分、そのままカットしますとバランスが変になりますので

エポレットを外して肩幅を変更していきます。

9枚目は肩幅をカットしていくのにエポレットを外した後の写真です。

10枚目は肩幅のレザーをカットした後の写真です。

11枚目はエポレットも肩幅と同じ長さをカットしていきますが

肩側(外側)をカットしますと縫い跡のバランスがおかしくなりますので

首元の襟に隠れる方をカットしてエポレットを短くしていきます。

12枚目は肩幅分、首元からエポレットを短くした写真です。

13枚目は肩幅を縮めてエポレットを取り付けた写真です。

襟にッ隠れてますので首元からエポレットをカットしますと差ほど短くした違和感がありません。

14枚目は襟をもと上げた状態の短くして縫い付けたエポレットの写真です。

首元から短くした分、内側の縫い目が首の中に入ってるのが解ると思います。

15枚目は裏地の肩幅も表のレザー部分と同じ様に生地をカットしていきます。

16枚目は裏地の肩幅をカットした後の写真です。

17枚目はA-2フライトジャケットの胴体のレザーと裏地の生地をカットした後の写真です。

18枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

19枚目は袖丈を短くしていく前の写真です。

20枚目は袖丈を短くするのに袖山からレザーをカットした後の写真です。

21枚目は裏地の生地も表と同じ様にカットして短くしていきます。

22枚目は裏地の生地も表と同じ様にカットした後の写真です。

23枚目は脇から肘辺りまでの腕の幅を細くしていく前の写真です。

24枚目は袖のパーツを反対側にひっくり返してサイドをカットしていく前の写真です。

25枚目は脇から肘辺りを中心に袖先に対して自然に戻していくようにレザーをカットした後です。

26枚目は裏地も同じ様に生地をカットしていきます。

27枚目は裏地の生地をカットした後の写真です。

28枚目は29枚目との比較でサイズダウン前のA-2フライトジャケットです。

29枚目はサイズダウン後のA-2フライトジャケットです。

30枚目は作業終了後です。

この作業の料金は28000円です。

福島県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。