今回は季節的にシーズンとは違いますが、MA-1フライトジャケットの裾のリブ交換です。

MA-1やB-15やG-1やA-2はよく交換します。

たまに珍しい型のジャケットも直すことがありますが、

だいたいはこの4タイプにN-3BやN-2Bも(Aタイプもやりますが、リブの色が違うだけです)

リブ交換が続く感じです。

jaket1161-1

1枚目はMA-1の全体の写真です。この写真の裾のリブを交換します。

jaket1161-2

2枚目は使い込んで裾リブ縮んでしまってる写真です。

jaket1161-3

3枚目はミリタリーショップMASH さんでこちらで購入した裾リブです

お客さんで直接マッシュさんの定員さんと話して購入くださるか、

こちらでマッシュさんに在庫のあるパーツでしたら買いにも行って来ます。

ただ、パーツ代はお客さん負担です。

マッシュさんの定員さんはミリタリージャケットのことを僕なんかよりも知識があり、

親切に教えていただいてとても、いいお店です。

僕の店で直せなくても、パーツはマッシュさんで通販もしてくださいますので、

気になった方はマッシュさんのサイトを見てくださいね。

上にサイトを貼り付けました。

jaket1161-4

4枚目は裾リブの交換後です。

裾のリブが襟や袖に比べて時間がかかりますので、料金は裾だけの交換で8000円です。

ちなみに襟、袖、裾で12000~14000円です。

よくある間違いなんですが、じゃあ、襟、袖だけなら4000~6000円なん??と、

THE!大阪的なことがありますが、裏地をはがして組み直しますので、襟、袖は10000円です。

裏地をばらすので、交換なさる時は同時にする方が綺麗ですし価格も抑えられます。