A-2のフライトジャケットの胸にワッペンを付けます。

僕は個人的に過去の軍人さんに興味があり、その様な本をよく読んでいます。

何かのご縁なのか、仕事の方も、ミリタリー関係の洋服の修理は多いです。

お客さんのおかげで、まだまだ勉強不足ですが、その時代の洋服の知識も教えて頂いてます。

jaket1156-1

2枚目はフライングタイガースの革製のワッペンです。

jaket1156-2

3枚目は胸にフライングタイガースの革製のワッペンを貼り付けた後です。

jaket1156-3

この作業はA-2フライトジャケットの裏地はコットンで

革製のワッペンを革に貼り付けますので、太い糸を使います。

その場合、裏地に貫通さすと薄いコットンは破れてしまいますので、

裏地を外してワッペンを付けて裏地を組み直します。

革製のこのサイズのワッペンだけを付ける料金は2000円なんですが、

裏地を外してワッペンを縫い付けた後、裏地を組み直すのが別に2000円になりますので、

この場合、合計料金が4000円になります。