長い袖丈のジージャンをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は鳥取県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにGジャンの袖丈を5㎝短くしたいことが書いてありました。

Gジャンの袖丈直しは袖先からと肩側のアームホールの縫い目を外しての2パターンがあります。

袖先からはカフス上のスリットの根元にリベットなどが付いてる場合は取り外すことが出来ませんので肩側からの直しになります。

仕上がりも肩側からの方が自然な仕上がりなのですが、胴体側とのアームホールの縫いしろを同じ長さが袖のパーツも必要なので

短くできる長さの限界が4~5㎝以上は難しいです。

今回は袖丈を5㎝短くするので胴体とのアームホールの縫いしろがぎりぎりの長さになりました。

1枚目は鳥取県からの郵送のお客さんの長い袖丈のGジャンです。

2枚目は肩側の袖山から袖丈を短くしていきますので左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目はアームホールの縫いしろから外した後の左右の袖のパーツです。

4枚目は袖山から袖丈の生地をカットしていきます。

5枚目は袖山のデニム生地をカットした後の写真です。

6枚目は袖山から長い袖丈を短くした後の左右の袖のパーツです。

7枚目は8枚目との比較で袖丈を短くしていく前の写真です。

8枚目は袖丈を短くした後のGジャンの写真です。

9枚目は作業終了後です。

この作業の料金は6000円です。

鳥取県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以下324円)はお客さん負担です。