長い袖丈のコーデュロイジャケットの袖丈を短くしていきます。

今回は神戸市からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

袖丈を短くする直しは袖山(アームホールの肩側)から短くしていく場合と袖先から短くしていく場合があります。

価格的には袖山から短くしていく方が安く仕上げれますしアウターの場合は袖のパーツは

肘にかけて曲がったラインなんで仕上がりも自然な感じで短く出来ますが

胴体側のアームホールの見解で袖丈の短く出来る範囲は4~5㎝です。

袖先からは短くするのは制限はありませんが袖先と肘のラインの距離が袖丈を短くした分、縮まりますので

ジャケットのデザインにもよりますが袖山からの方が綺麗な仕上がりです。

お客さん個人個人の感覚にもよりますが、ジャケットがピタピタできつい場合は袖先からの方がいいと思いますし、

ジャケットの着心地に余裕がある場合4~5㎝までの袖丈直しですと袖山からの方がいいと思います。

1枚目は神戸市から郵送のお客さんの長い袖丈を短くしていく前のコーデュロイジャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを外した後のジャケットの胴体です。

3枚目は左右の袖丈を袖山から短くしていく前の写真です。

4枚目は袖丈を短くしていくのに袖山から生地をカットしていきます。

5枚目は袖山からコーデュロイの生地をカットした後の写真です。

6枚目は裏地も表と同じ長さの生地をカットしていきます。

7枚目は裏地の長い袖丈を短くカットした後の写真です。

8枚目は左右の袖のパーツを袖山から短くした後の写真です。

9枚目は10枚目との比較で長い袖丈を短くしていく前のコーデュロイジャケットです。

10枚目は袖丈を短くした後のコーデュロイジャケットです。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

神戸市への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。